mickyabc’s blog

有安杏果の卒業発言以来 疑心暗鬼になっているモノノフさん。 杏果の卒業と共に他界を考えている杏果推しさん。不仲説を信じているモノノフさん。 そんな方に是非読んで貰いたいと書きました。ももクロを他界する前に是非読んでください。よろしくお願いします。

日本人はどこから来たの?



f:id:mickymagicabc:20190310202343j:image


 

日本列島に人類が住み着いたのは四万年前~五万年前と云われています。彼らは旧石器時代の人類です。当時の人骨が兵庫県明石市で発見され 明石原人と呼ばれています。

他には 栃木県の葛生町静岡県三ヶ日町。 それぞれ 発見された地名で 葛生人、三ヶ日人と呼ばれていましたが、その後の 放射性炭素年代測定法により 全て旧石器時代の人骨ではない事が判明しています。


f:id:mickymagicabc:20190310202240j:image

 

では 明石原人が縄文人の祖先なのでしょうか?
残念ながら 明石人の人骨が戦争中に喪失し判らなくなりました。 そこで DNA鑑定で世界から発見された人骨を照らし合わせた結果…。 縄文人にもっとも近い人骨は オーストラリアの南東部で発見されたキーロー人と呼ばれる人骨が 縄文人に似ているDNAを持っていました。

つまり 縄文人は 東日本中心の文化だとし おそらく北から入ってきた人種が祖先だと学者は思ってきましたが その定説を覆し 縄文人の祖先達は 南から日本列島にきたのでした。

その 痕跡は続々と発見されています。

 


f:id:mickymagicabc:20190310202828j:plain



種子島では 焼けた礫が集まった礫群(れきぐん)磨石(すりいし)や敲石(たたきいし)石皿(いしざら)石斧などが発見された種子島の横峯遺跡・立切遺跡であり,約3万1,000年前とされています。

石垣島石垣市)の「白保竿根田原洞穴遺跡」で見つかった旧石器時代の人骨は 全身骨格がほぼ残った国内最古の約2万7千年前とされています。 しかし この人骨を復元すると 今のベトナム人か東南アジアのような顔立ちで 今の日本人の祖先とは 到底思えません…。 では 日本列島以外の地球上ではこの三万年前の世界はどうなっていたでしょう。当時の地形は 日本列島は大陸と陸続きでした。日本海は大きな淡水湖でした。当時の旧石器人は ナウマンゾウを求めて 狩りをしながら日本列島に来たのでしょう。

 


f:id:mickymagicabc:20190310202421j:image

沖縄は 現在より大きな島でした。

私達ホモ・サピエンスは この時代 すでにオーストラリア大陸への移住にも成功しています。
氷河期にはオーストラリアとニューギニア島などは陸続きだったため その距離は沖縄ルートより短かったと云われています。

ホモ・サピエンスは 外見などの形質も地域に特化した結果 人種(コーカソイドモンゴロイドネグロイド等)と形容されるグループに分類されます。私たちの祖先は モンゴロイドです。 近年注目されているのが この当時 地球上には私たちホモ・サピエンス以外の人類もいた。という点です。

 


f:id:mickymagicabc:20190310202534j:image

ヨーロッパには ネアンデルタール人と呼ばれる人類が私たちの祖先と共存していました。彼らは私たちと変わらない大きさの脳を持ち 死者を埋葬するような高い精神性も持っていました。

最近の研究では ネアンデルタール人のDNAが 現代人に残っている事が分かっています。ネアンデルタール人ホモ・サピエンスは動物学的に異なる種の為 交雑は不可能のはずが 神のイタズラか 現代人のDNAに残ったと云われています。

 


f:id:mickymagicabc:20190310202543j:image

ネアンデルタール人が現代人に残した痕跡は…赤毛とソバカスと云われています。しかし 実は アフリカ人以外の全ての現生人類の中に 平均で2%のDNAを持っていると云われています。私たちも例外ではありません。

ネアンデルタール人ホモ・サピエンスは47万年前に別れ そして 私たちの祖先は20万年前に故郷 アフリカを離れたのですが…。 話を戻します。

インドネシアでは フロレス原人と呼ばれる身長1m程の小型の人類が つい1万数千年前まで狩猟生活をしていたことが 最近わかってきました。

ネアンデルタール人フロレス原人も共に絶滅しています。では 何故 私の祖先 ホモ・サピエンスは生き残って全世界にいるのでしょうか?


f:id:mickymagicabc:20190310202632j:image

それは 海を渡る技術が あったからではないかと云われています。 三万年前の人類が持っていた海を渡る知識や技術に加え 彼らの内面性… 間だ見ぬ世界の憧れ 冒険心 創造力 困難に立ち向かう力 チャレンジする心 といったものが この現代に繋がる繁栄をもたらしたものなのではと感じています。

私たちがこうして今 存在しているのは その全ての困難に立ち向かう強い心の賜物ではないでしょうか。

しかし 本当に人類は 北から日本列島に来ていないのでしょうか?

北海道の新千歳空港の滑走路建設に伴い発見された遺跡があります。

千歳市の美沢川両岸には約2万年前から近代に至るまで遺跡が連綿と連なり 大型・中型・小型の住居跡がかたまって集落を形成し 以降縄文時代終わり頃の樽前山大噴火期まで、美沢縄文人は美沢川上流へ 上流へと移動して行ったことが判明しました。


f:id:mickymagicabc:20190310202607j:image

つまり 二万年前には北海道に旧石器時人が 住居を構え生活をしていた事が分かりました。

それは 極寒の冬に耐えられる毛皮の加工ができるようになったからです。 その人類の大発明は 『縫い針』です。 この縫い針で 毛皮を洋服に加工する事が出来 極寒の土地でも 生活が出来るようになったと云われています。

これで北からのモンゴロイドの移動も可能になった訳です。