mickyabc’s blog

有安杏果の卒業発言以来 疑心暗鬼になっているモノノフさん。 杏果の卒業と共に他界を考えている杏果推しさん。不仲説を信じているモノノフさん。 そんな方に是非読んで貰いたいと書きました。ももクロを他界する前に是非読んでください。よろしくお願いします。

秘尊…仏像修復。

f:id:mickymagicabc:20180514180023j:plain


以前 京都に行ったとき 時間が余ったので 前から行きたかった 仏像修復の現場に行って来ました。 この仏像 平安時代に制作されたものです。顔の裏に当時の記録が書かれています。この仏像ひとつで 銅320キロ【御用達八貫三百匁】の価値と書かれています。 制作当時は全身金に覆われていたのが分かります。

f:id:mickymagicabc:20180514180038j:plain

この文字…平安時代の人の文字です。今から…900年~1200年前くらいですかね。仏像の足元裏には 印を結んでいる絵がかかれています。

f:id:mickymagicabc:20180514180057j:plain


安置されていた場所は 一乗寺下り松(いちじょうじ さがりまつ)京都市左京区一乗寺花ノ木町。なんと…宮本武蔵と吉岡一門が決闘した付近のお寺です。 この仏像 あの有名な決闘も静かに見守っていたんだろうな。

f:id:mickymagicabc:20180514180129j:plain


仏像修復の仏師さんのお話では 制作して1000年近く経つと 木の表面が炭化するそうで 仏像全体が真っ黒く脆くなるそうです。指の白い部分は修復した場所です。指が完全に欠損していたそうで 印の形は今でも同じなので 当時のまま復元できます。 驚きは 全く継ぎ目のないツルツルの表面で 1000年前の指と現在の指が全く違和感がありません。 完成まで後 数年はかかるそうです。 「秘尊」と最後に書かれています。とても大切にされてきた 仏様なんですね。

f:id:mickymagicabc:20180514180153j:plain


この仏様のお顔は 大変素晴らしく美しいと仏師さんが語っていました。 …金色に光輝く修復した仏様を早く見たいですね。 ごめんなさい再投稿でした。