mickyabc’s blog

有安杏果の卒業発言以来 疑心暗鬼になっているモノノフさん。 杏果の卒業と共に他界を考えている杏果推しさん。不仲説を信じているモノノフさん。 そんな方に是非読んで貰いたいと書きました。ももクロを他界する前に是非読んでください。よろしくお願いします。

♪“デモンストレーション”を読み解く。


f:id:mickymagicabc:20200415011003j:image

デモンストレーション


♪”デモンストレーション“の読み解きのリクエスト頂きました。久しぶりの読み解きです。この曲は一度、読み解きに挑戦したのですが、あまりにも難しくて諦めた経緯があります。今回は この曲をリピートで6時間ほど聞いて何とか読み解いてみました。

 

肝心なところが謎で悩みました。それをどう読み解くか? それが問題でした。

 

鬼才 清竜人

 

脱帽しました。長いですがお付き合い下さい。


f:id:mickymagicabc:20200415011259j:image


ねえ 私が今まで 信じてきた言葉に 真実と呼べるものはさ いくつあるだろう
どれほど 騙されたって もう 迷いはない 自分との 戦いに 負けたくないんだよ
グラビティ グラビティ 涙が落ちるの グラビティ グラビティ
このままじゃ いつまでも この星の 意のままさ 直ちにここから飛び立つんだ!

 

グラビティとは、地球上の重力や引力です。今まで常識だと言われて誰もが信じていた言葉の中に、真実はいくつあるだろう。その疑真性に惑わされ騙されたって、もう迷いはない。地球の重力、引力のような力に負けたくないんだ。直ちにここから飛び立つんだ。

やはり どんなことがあろうともやり遂げようとする信念を感じます。では、何をやり遂げるのか? 追って考えていきます。


--サビ--


君は君のままで良いんだよ 涙を拭いて
さあ 始めよう ほら 私だって 飛び立てるんだ
紛れもなく 信じられること 確かなものを
ひとつずつ ひとつずつ この手で見つけてくの

 

読み解くの極意は 曲の主人公の目線です。誰目線なのか? それがカギとなります。前段の曲は、自分の信念を目一杯アピールしています。対するサビでは、それで良いんだよ。と肯定的です。人が迷いながらも信念を貫き真実を追及するとき、このような心理にならないだろうか? 苦しみ抜いて選んだ道を、自分で「それで良いんだよ」という第三者の立場の自分が肯定してくれる。そんな心強い意識があるのではないのか? 


--2番--


Just a moment World and People Inspire me Next Here we go

日本語訳→ちょっと待って。世界と人々、インスピレーションを私に、次はここに行くよ。→よく分からない訳です。


ああ 私が今まで 発してきた言葉に 真に胸を張れるものは いくつあるだろう
誰かを 裏切る事は したくもない いつでも 真っすぐに 生きていたいんだよ
グラビティ グラビティ 雨が冷たいの グラビティ グラビティ
嵐でも 吹雪でも 逃げたくない 避けたくない 今すぐここから飛び出すんだ!

 

真実を追及するのは 大概険しい道です。真っ直ぐに生きる事がどれだけ大変だろう。 真実だと思って発言してきた言葉は ホントに間違っていなかったのか? しかし、どんなに苦しくても諦めない。

 


今すぐここから飛び出すんだ。

 

この「飛び出す」という言葉が随所に出てきます。その為「ガリレオ」とは人名では無く、宇宙船やロケットの名前なのかな? と思い調べてみましたが、ガリレオに該当する名前のロケットや宇宙船は見つけられませんでした。やはり、今は「ガリレオ」は人名として判断するのが妥当です。


--サビ--



君は君のままが良いんだよ 誤魔化さないで
さあ 伝えよう 今 私だって 声をあげるんだ

自分を ただ 信じられること 誇れるものを
少しずつ 少しずつ この目で探し出すの なんとしても

 

先ほども言った自分は正しいと肯定する詩ですね。次に 「ガリレオ」が登場します。 このサビの部分はもしかしたら、「ガリレオ」の言葉かもしれません。自分が作り出した「ガリレオ」の言葉。前段の苦しくとも前を向き真実を追及する私。信念だけは強く正しい道を歩む。そして、サビでは「ガリレオ」がそれは正しいよ。間違っていないよ。と優しく言葉をかける。そんなイメージです。



ねえ ガリレオ 私は私のやり方でやってみるよ 
どんなに馬鹿にされても 絶対にくじけたりしない そうでしょ?
♪ 

 

私の読みは間違っていないと感じるセリフです。しかし、一つ大きな謎があります。ガリレオは異端児と言われていた地動説論者。歌詞の私は「止まれ!地球。回るな!地球」と最後には「私が地球を止めてやる!」と言っています。ガリレオとは正反対の言葉です。…私の地動説の知識が足りないのだろうか?
ここでは「ガリレオ」の世間にバカにされようが何をされようが、それが正しいと思うなら自説を曲げない信念の人であって、私の読み解きが間違っていなければ、「ガリレオ」と「私」は同化する同じ考えの同じ信念の人でなければならないのですが、、

 


もう こんなに 踏み出してる 雨は止んだよ 涙は止まった もう少しだよ。あとちょっと あとちょっとなんだ。この体 この心 この足で この指で 大地を蹴り出し飛び立つんだ! 舞い上がれ!

 

間違っていなければ、私を肯定する「ガリレオ」の声。

 

--サビ--



君は君のままで良いんだよ 涙を拭いて
さあ 始めよう ほら 私だって 飛び立てるんだ
紛れもなく 信じられること 確かなものを
ひとつずつ ひとつずつ この手で見つけてくの 掴み取るの

 

同じく「ガリレオ」の声。

 


f:id:mickymagicabc:20200415011056j:image


止まれ! 止まれ! 
止まれ! 止まれ! 止まれ! 止まれ! 止まれ!
止まれ! 

止まれ! 止まれ! 止まれ! 止まれ! 止まれ!
止まれ! 止まれ! 止まれ! 止まれ! 止まれ!
止まれ! 止まれ! 止まれ! 止まれ! 止まれ!

 

最後は 叫びですね。

さて 最初のセリフに戻り、改めて読み解きを再考察しましょう。

 


また私の知らない間に 真実は偽りに変わってた
昨日大人が話してた大切なこと。今日では180度違ってた。止まれ!地球! 回るな!地球! お前のせいで本当が嘘になってしまう。嘘が本当になってしまうよ。

 

真実と思われていた天動説が偽りだった。大人が話していたことは180°違っていた。 ここまでは分かる。その後「止まれ!地球! 回るな!地球!」となる。目線は「私」で間違いない。どうも 私の地動説の知識が足りない気がしてきました。それとも もっと深い意味があるのか?

 

ねえ ガリレオ 回り続ける正義と悪は いつしか座標を見失っている。自惚れるなよ!ユニバース! いつまでも思い通りになんてさせない。どれだけ世界に挑発されても 私たちは絶対に変わらない
私が地球を止めてやる!

♪ 


「それでも地球は動いている」というのはガリレオ・ガリレイの有名な言葉です。しかし、ここでの私は「地球を止めてやる」… どういうわけ? …更に調べました。

 

ある学者のブロクの引用です。

天動説と地動説の本質的な違いは、地球が止まっていると考えるか、太陽が止まっていると考えるかです。改めて問います。「止まっている」とは一体どういうことでしょう?

道を歩く人は誰から見ても動いていて、椅子に座っている人は誰から見ても止まっている。これが私たちの通常の認識です。

ですがこの時、私たちは暗黙の内に「地面」を基準【座標】に定めていることに気付いているでしょうか? もしも私たちが宇宙空間にいたとして、果たして絶対的な意味で「止まっている」とか「動いている」というのを決められるでしょうか?

結論を言うと、私たちの宇宙には何かを「止まっている」と決められるような絶対的な基準は何一つ無い、というのが、20世紀前半に人類が到達した理解です。「止まっている」というのは、見る人が基準を決めて初めて意味を持つ概念です。

このように、何を止まっていると考えるかは人間の都合なので、それによって物理法則は変わりません。であれば、太陽と地球のどちらが止まっていると考えても結論が変わるはずはありません。

この認識に到達した今、天動説と地動説はどちらも正しいのです。私たちは間違っているから天動説を捨てるのではなく、正しいけれど複雑なので通常は使わない。これが21世紀を生きる我々の理解です。


唸らせるほど深い意味があります。まるでガンダム。正義も悪もないドラマ。正しいことが間違っているのか、間違っているのが正しいのか?

 

鬼才 清竜人は そこまで考えて歌詞を書いていたのか? 驚きです。 いや 深読みかな?



この♪“デモンストレーション”は、アルバム「白金の夜明け」に入っている♪“イマジネーション”とリンクする曲です。 ♪“イマジネーション”と歌詞で繋がっています。♪“デモンストレーション”を詳細に読み解くには♪“イマジネーション”を読み解く以外ありません。 私の目的は何なのか? それだけの信念は何のためなのか?

 

もう御存知ですよね。 目的は恋愛です。それも壮大な恋愛ストーリーです。…ややこしいですよね。どうでしょう。何となく私の読み解き分かりましたか?


しかし、ももクロちゃんは今まで「走れ」で走りまくっていましが、この曲では「止まれ」で止まりまくっています。それがまた 面白いですよね。