mickyabc’s blog

有安杏果の卒業発言以来 疑心暗鬼になっているモノノフさん。 杏果の卒業と共に他界を考えている杏果推しさん。不仲説を信じているモノノフさん。 そんな方に是非読んで貰いたいと書きました。ももクロを他界する前に是非読んでください。よろしくお願いします。

有安杏果さんが 選んだ男性はどんな人?


f:id:mickymagicabc:20190209235135j:image

ホント 杏果には 苦労させられます。

一年前に『緑離れ』をした私にとっては 大した問題では無いと突き放すことも簡単に出来ますが、一年前に『緑離れ』出来なかった方々の為に 何か出来ないかと考えてしまいます。

まぁ 一年前より楽ですが…

 


f:id:mickymagicabc:20190209235153j:image

杏果の今までのコメントと 現状の行動に解離を感じるのは よく分かります。

インスタの杏果のカメラマンが お付き合いされている方だったと みんなに知られました。

つまり ももクロ辞めた時点で 既に 親密な関係だった。そして それが医師と患者の関係。更に 杏果の個人事務所の社長と所属タレント。どれを取っても『 あり得ないでしょう』と憤慨するものばかりです。

 

報道されている記事では 『 2016年頃には 知り合いだった』『K氏の助言で グループを離脱、活動再開』等、びっくりするくらいの内容です。

 

つまり この一連の問題は 杏果の男女関係発覚に対する一面と それに関わるもの総てが 『杏果の辞めた理由』に繋がるからなのでしょう。


f:id:mickymagicabc:20190209235210j:image

私は 以前 杏果に対する仮説を書きました。


この 文章をインスタに投稿したのは 1月20日…この問題が発覚する半月前です。


幼い頃 オーディションキラーとして 他の子役達から羨望の視線を浴びていた杏果ですが 成長するにしたがって 理想とする地位にはいない…EXILEキッズ でも 持ち前の努力で頭角を表したが それも トップには立てない…そして スタダに移籍 直ぐにももクロに加入…EXILEキッズで磨いたダンスで あれよあれよの間に 俳優を目指していた杏果はアイドルの一員になってしまいました。 『ももクロ』メンバーは 当時の子役たち 杏果を羨望の目で見ていた子たちです。
しかし 杏果は 最後に入ってきたメンバー どうしても 自ら引けを感じます。 その一旦は 『米子の夜』の逸話として残っています。

事務所も『推され隊』に代表する形で 杏果を評価しています。 杏果自身は もっと 高い理想を求めています。それは 子役時代に感じたトップの威厳。ももクロの中では ももクロの杏果、みどりの杏果、それ以上にはなれません。
そして 努力家である杏果は メンバーとは違う努力をしていきます。 歌が下手と言われているなら メンバーいちの 歌のうまいメンバーになろう。ダンスもメンバーいち上手くなろう。ソロコンは メンバーいち 最高な舞台を作ろう。


f:id:mickymagicabc:20190209235238j:image

その努力は惜しまなかった。 でも ももクロに戻ると どうしても 緑の杏果になってしまう。 自分の理想としている位置にはいない。 杏果のプライドは ももクロにいると 傷つきズタズタになってしまい 突然 我慢していた気持ちが爆発して 涙が流れてしまう。

 

その繰り返し… その辛さを 一旦 離れようと 杏果は大学生になります。 もともと 生粋の努力家。 みんな大変だねって言われても 全然…むしろ それが ももクロにいるより 楽しかった。 そして 自分を考え直す時間が出来た。 そして 大学卒業…その時には 既に ももクロを辞める心の整理は出来ていた。 


やっと 子役時代からの理想 『有安杏果』として 一歩を踏み出すことが出来る。 そして 何人かの大御所芸能人に 相談をし 秘密裏に 次のステップ…スタダ以外の事務所を探した。

 


f:id:mickymagicabc:20190209235305j:image

それは 実務的にも 理にかなっている スタダは 音事協非加盟の事務所…どうしても テレビの露出度や その後の活躍は 芸能界の掟で出来ない。

 

 音事協加盟の事務所に移籍をすれば 歌姫の道もある。杏果自身は そう思っていないだろうが ももクロを辞めてから 杏果の活躍に多大な影響をもたらしてくるかも知れません。

 


f:id:mickymagicabc:20190209235334j:image

仮説を立てる前に 考えた事です。彼女のイメージ。
①『推され隊』で代表するように みんなの後ろにいる縁の下の力持ち 実力者的なイメージです。♪ゴリラパンチのような曲が出来て やっと 表舞台に立てた というのが 私の杏果のイメージです。

②杏果は 幼い頃から芸能界にいます。あーりんが話していますが 子役時代は 一目置かれていた存在です。 オーディションで 杏果を見掛けた瞬間に 諦めてしまうなどの逸話もありました。

③杏果が加入して 暫くたった頃 杏果は興奮して『ももクロを辞めてやる』とマネージャーに食いついた事があります。『私なんて はじっこだし メインじゃないし 居てもいなくてもいいし』 本人は幼さなかったと言っていました。

④白金の収録の時に 突然 一人で泣いている姿がありました。 理由は不明。 ここから 精神面の弱い杏果という 噂が流れます。


他に いくつかの事実を照らし合わせて 仮説を作りました。 しかし まさか そこに男性が関わっているとは夢にも 思いませんでした。


この仮説に なかった現実は ① 男性の影、② 大手事務所のバックアップ、ですかね。

 

ただ 『杏果の当時の悩み』は 私の仮説の柱となる部分で 当たっていたと思います。杏果は子役時代に感じた『トップの立ち位置』にどうしても 心が揺れ動き 冷静になれなく 苦悩していたと感じます。『三つ子の魂百まで』という諺もあります。 自分ではコントロール効かなかった部分ではないかと思います。


そんな苦悩を 心に秘め ももクロで活動していた。
そこで 心療内科を紹介され 受診したと想像できます。

 


f:id:mickymagicabc:20190209235424j:image

その 心療内科の医師が 今のお付き合いされている方です。医師と患者が恋愛感情に進展する事を 医学用語で『陽性転移』と云うそうです。 ほとんどの医師は それを『非』と唱えています。 どうも診療に支障をきたすらしいです。 でも 私は疑問を感じます。 医学用語で『陽性転移』! … そんな医学用語なんてあるの? つまり、医師と患者の関係は 決して 有り得ない事では無いのではないかと… 私たちも 常識的に考えると 倫理に反する様な気がしますが、実は そんな事ないのでは? 私たち自身が 崇高な倫理観に照らして 変な妄想をしているのではないか? なんてすら感じてしまいます。

一般的では無いとしても 医師と患者の恋愛感情が医学用語にあるくらいです。決して 有り得ない事ではない。禁断の恋愛では無いと思いました。


f:id:mickymagicabc:20190209235514j:image

さて、 次は その男性はどのような人物なのか?

ここに来て 幾つかの証言をTwitterで見つけました。

 

Twitter 生ハムマルシェ かんべいさんより

ももクロ有安杏果さんの相手にK先生の名前が出ていて驚いた。
K先生って25年位前で既にカリスマ性あって、大人気だったからなー
厳しい言動のある先生だけど、努力家・がんばり屋さんの味方だし、
決して甘くはないけど本物の優しさを持った良い先生だから、本当に良かった。


Twitter 真沙美さんより

コブクロ、スキマのファンであり、杏果推しの者です、突然すみません。
K先生はコブクロ・スキマのメンタルトレーナーでもあり、毎年ツアーでは先生の向日葵のお花が会場に飾ってあり、ファンの間でも有名な方なんです。先生のおかげでこの2組の今の活動があると思っているので、正直驚いています


K先生は 以前 専門学校の先生で とても厳しい方でしたが 生徒に慕われていた方らしいです。『生ハムマルシェ』さんは 先生の生徒だったらしいです。


f:id:mickymagicabc:20190209235542j:image

私たちは そのK氏を 報道されている表面上の見える部分だけで 非難していないでしょうか?

杏果が選んだ 結婚を前提にお付き合いされている男性はどのような人物なのか? どんな人間性なのか? 冷静に 又は温かく 目を向けるべきではないでしょうか? そこには 一方的に非難されるような人物ではない事が ハッキリ見えてきました。

 

更に Twitter 真沙美さんから 追加で情報を頂きました。

 


特にコブクロに関しては、彼らが活動休止する直前の2010年から、喉とメンタルの不調で苦しんでいた小渕くんをずっとサポートしてきました。復帰後も喉とメンタルを保ち続ける為に、大阪フルマラソンに毎年参加し続ける小渕くんに寄り添う形で、一緒にフルマラソンに走ったりなどもしています。常に二人三脚で歩むお2人の姿は、ファンから見てもとても素敵でしたね。。

大阪フルマラソンの応援に行った知り合いのコブクロファンから聞いたのですが、ゴールした直後、児島先生はファンの方に駆け寄り一人一人立ち止まって、
「小渕どうやった?ほんまにありがとね!小渕ほんまに喜んでますから、これからも宜しくお願いします」とまでお礼を言ってくれたらしいです。苦しい中小渕くんを気にしてくれる優しさが嬉しかった、と知り合いの方は言ってたのがとても印象的で。。

なので、そういった事も含めて今回の報道で騒がれている内容とのギャップに混乱と複雑な気持ちでいっぱいですね。。

 

報道で見えてくる K先生の人間像と 先生をよく知る方々の証言とのギャップに 驚きませんか?