mickyabc’s blog

有安杏果の卒業発言以来 疑心暗鬼になっているモノノフさん。 杏果の卒業と共に他界を考えている杏果推しさん。不仲説を信じているモノノフさん。 そんな方に是非読んで貰いたいと書きました。ももクロを他界する前に是非読んでください。よろしくお願いします。

有安杏果さんについて…『この問題は 決して踏み絵じゃない』

f:id:mickymagicabc:20180329205506j:plain


杏果で失ったものを数えるより、杏果から受け取った物を数えた。残された痛みより、残してくれた恩恵を探してみた。憎しみより感謝を、怒りより優しさを見付けてみた。真相は闇の中だが、誰一人モノノフ同士が争うことを望んではいない。これだけは絶対事実だ。そう思わない?

アナンド チャラム れにママ公認Twitterより


f:id:mickymagicabc:20180329205655j:plain


私の『緑離れ』という言葉は 確かに取りようによっては冷たい感じはされると思います。確かに 五人で…五色で長年歩んできた緑色です。…出来ることなら 今でも『ももクロは五色』であって欲しいと願っています…しかし 有安杏果さんは去って行きました。… 今でも どんな曲を聞いても有安がいます。どう気持ちを整理しても…ももクロの曲を聞くと有安が一生懸命にその場にいます。…私だって…忘れたくても忘れられない…有安杏果さんに『嘘だよ』って…早く帰って来て欲しいと心から願っていました。でも もうそんな事はありません。



私はあのアカウントが有安杏果本人で無いことを願いました。今まで何度もその話はしましたが あれが本人なら たくさんの疑問が噴出します。それが私は耐えられなかった。…案の定 今の状態です。 更に 有安杏果ファンと モノノフと区切って色分けして考えている人も現れています。なぜですか?何故そんな考えになるのですか? …確かに 『疑問』を細かく訴えると 『全面的に応援する』方々には耐えられない言葉もあるでしょう。 …でも 『疑問』を持っている方々も 好きでそんな風に考える訳ではありません。ホント究極に考えての想いなのです。



私も 何も好き好んで 有安杏果さんを突き放して考えてはいません。 例えば…今でも有安杏果さんのあのアカウントが偽物と思っている方が何人もいらっしゃいます。…何故でしょう。それはその『疑問』を有安杏果さん本人に振り掛かるのを信じたくないからです。…あのアカウントから 前へ進めなくなっている人が何人もいるのです。…どれだけ有安杏果に想いがあるのか…愛情があるのか…私はホント申し訳ない気持ちでいっぱいです。…『緑離れ』…私はそう考えるしか方法がなかったのです。



これは 『応援出来る』『応援できない』の二択では簡単に解釈できないものと思っています。言い換えると決して 有安杏果ファンとモノノフとを色分けする事は出来ないのです。どなたかが言っていました。 有安杏果ファン VS モノノフと…あり得ない。杏果ファンだって新生ももクロを推しています。逆もあります。…考え方があまりにも単純で幼く短絡的。…純粋であればあるほどそんな『敵がい心』を持つのでしょう…でも 実態は違います。 導きだしたどちらかの回答で全てを結論付けする事は出来ないのです。決して この問題は『踏み絵』ではありません。



私の『緑離れ』は…『親離れ子離れ』という気持ちがあるものとお考えください。