mickyabc’s blog

有安杏果の卒業発言以来 疑心暗鬼になっているモノノフさん。 杏果の卒業と共に他界を考えている杏果推しさん。不仲説を信じているモノノフさん。 そんな方に是非読んで貰いたいと書きました。ももクロを他界する前に是非読んでください。よろしくお願いします。

やはり 私は 有安杏果を嫌いにはなれません。

今 埼玉県大宮市に向かっています。

f:id:mickymagicabc:20180319220504j:plain

私は2ヶ月に一度埼玉の大宮に仕事で行っています。前回は 有安杏果の引退ライブの日でした。チケットが取れたのに日時が完全にダブってしまい 仕事終了時間はライブ始まりの時間。 当初は絶望的と思ってましたが 何とかライブ終了前に到着し 杏果の最後の言葉を生で聞きました。


あのときはフォロワーさんみんなに応援されました。みなさん ほんとありがとうございました。


それが…私のなかでは2ヶ月前の今日の出来事…。 杏果は「普通の女の子になる」と言って舞台を去って行きました。 …そして芸能界引退…。 泣きました。 もう これで五人のももクロは見たくても見れないんだ…と思うと もうどうしょうもない感情で…。 以降…新生ももクロ 四人での活動が始まりました。


どんな番組に出ようが 四人の姿…当初は四人の姿を見るたびにものすごく悲しくなりました。私は杏果推しでは無く 夏菜子寄りの箱推しです。でも…ものすごく寂しい思いでした。


1月15日の杏果の卒業発表以来、SNSでは「なぜ こんな重要な時期【10周年ライブを向かう時期】に辞めるの?」「全く辞める理由がわからない」「杏果は四人にハブられていた」「杏果は病気だった」「四人と仲が悪かった」などいろいろと 杏果の突然の卒業と引退の憶測が流れていました。私は 今までの杏果インタビューを読み直し 私なりの辞めた理由を考えました。事実はどうか分かりませんが「ももクロ不仲説」を払拭できる説明ができたと思っています。

【HP参照】


杏果卒業ライブは1月21日 その後…
スターダストの意向なのか…当初 新生ももクロから 一切 杏果を語ることは無くなりました。【 その後…幾つかの例外インタビューやラジオ番組で話は出ることもありましたが…】 この対応に疑問もありました。 今までの緑の杏果を消してしまいたいと思っているんじゃないか?と勘繰りたくなるくらい徹底した箝口令で 有安杏果の「あ」の文字も出なくなっていました。あの時の思い…みなさんも感じていたと思います。


緑推しの杏果ファンには とても辛い現状を突然受け入れなければならない姿に ホントに気の毒で仕方ありませんでした。 「どう 受け入れようかわからない」「もう他界します」「ももクロ四人の姿が辛い」「今後 ライブの時 誰を応援すればいいんだろう」「緑のサイリュウムは今後 会場で振っていいのですか」「推し変するしかない」…。私のダイレクトに直接訴える人がたくさんいました。それはそうです。15日に卒業発表され21日に卒業ライブ。以降 一切 杏果の事は語られていないのですから…。 あの時の 事務所の対応は 何故なのか?…全く分かりませんが 私は事務所を辞めた人間の一定の対応 節度なのかな? って勝手に思っていました。


杏果がいなくなった「ももクロ」はどう考えてみても 大変な事態です。これから続く青春ツアーにしても…バレンタインライブにしても…更に 10周年の東京ドームライブ。
今後の残された四人の負担ははかり知れません。ましてや 今までのももクロ曲は 杏果無しではあり得ない曲ばかりです。


そんな事態になることを知りながら 杏果は「普通の女の子になる」事を選択しました。正直 ものすごい決断です。私の説では「それだけ杏果は精神的に追い詰められていた」と捉えました。他の説で この状況を説明できるものは「不仲説」しかありません。


f:id:mickymagicabc:20180319220840j:plain


そして バレンタインライブ…
2018年2月10~11日に開催されました。 初めて四人でのガッツリライブです。新生ももクロは ホントに大丈夫だろうか? どう四人で歌うのだろうか? パフォーマンスは?
しかし 新生ももクロは 杏果のいない穴をしっかり埋めながら 見事にやりきりました。それも 杏果の緑色を一切感じさせずに…【往々にして 辞めた人間をフューチャーしてライブを演出する方法もあると思いますが】…流石 ももクロ 逆境にめっぽう強いところを見せました。杏果のパートの部分は 四人で振り分け、更に曲のパフォーマンスまで 全て変えました。 私は今までの曲が新鮮な曲のように感じ これは東京ドームも 間違いなく四人でいけると確信しました。それだけ 素晴らしい完成度でした。


やっと 杏果の抜けた重い十字架に ひとつの光を見た思いでした。 バレンタインライブを見た人は そう思ったのでは無いでしょうか。


しかし 緑推しの杏果ファンは 全く別の視点で ライブを見ていたようです。杏果のいない四人のライブ…とても辛い…。今後に続く ももクロ10周年東京ドームライブも どうやって見れば良いのか一段と不安になった人もたくさんいたのでしょう。


そして…有安杏果の誕生日 3月15日を迎えます。 私は国立ライブの事を考えていました。あの国立の会場が全て緑色になった瞬間は鳥肌が立ちました。そんな事をインスタで語ろうかな?と思っていました。…杏果の公式サイトは前日の夜に閉鎖され「これで 杏果と 繋がることはなくなったんだな。でも やっと杏果本人が望む 普通の女の子になったんだ」と思っていました。しかし…驚いた事に 杏果らしい謎のアカウントが開設されました。これは ホント驚きました。


私は 思わず嘘?と心の中で叫びました。私の中ではバレンタインライブを見て 心の整理がつき やっと四人の新生ももクロを受け入れる事ができると思っていた矢先でした。 なぜ? そんな…杏果が…これから新生ももクロで 心の整理がつき始めた時に現れるの?って思いでした。


緑推しの杏果ファンは 歓喜の声が上がります。それはそうでしょう…もう繋がる事が出来なくなった杏果と 再び繋がる事が出来る訳ですから…。「これで やっと東京ドームを憂いなく迎える事が出来る」と思ったファンもたくさんいるでしょう。


私は これが杏果本人なら…と色々考えました。…なぜ? 今SNSに自らの名前で帰ってきたの? …たぶん 杏果ファンの為でしょう。 杏果なりのサプライズです。タイミングも誕生日…良いタイミングです。


しかし 私は複雑でした。新生ももクロをやっと受け入れようとしていたので 心がザワツキました。これは単純にタイミングの問題です。あまりにも早すぎました。やっと気持ちの整理がつき始めた時に 本人が現れたので 気持ちがまた揺れました。 更に…私の考えていた「杏果が辞める理由の説」が崩壊する可能性もありました。 …判断は簡単です。杏果が新生ももクロを応援しているかどうかです。


新生ももクロは ご存知の様に杏果のいなくなった穴を埋めながら青春ツアーを見事にやりきっています。東京ドームも四人で間違いなく見事にやりきるでしょう。 杏果の「普通の女の子になる」ことを受け入れた四人は 東京ドームでのセットリスト全てに 新しい振り付け【パフォーマンス】をつけてくるはずです。


私はももクロファンであって杏果ファンではありません。どうしても ももクロ四人の大変さを先に考えてしまいます。あの謎のアカウントが更新されるたびに 四人の大変さを思ってしまいます。言葉を選ばずに言うと「あなたのワガママを四人が受け入れたのに…」っていう思いです。私は どうしても杏果本人では無いと思いたいのです。


たぶん その思いが せっかく杏果がSNSに帰ってきたのに 何か複雑…って思いなんでしょう。更に、今後ハッキリすると思いますが 杏果が辞めた理由も 「不仲説」かそうじゃないかも分かると思います。私は「不仲説」じゃない事を祈っていますが…。


ただ…今まで私は 杏果が辞める理由に固執していたような気がします。理由はどっちでもいいじゃないか。もう辞めた人間なんだから…と。スターダストは既にそのスタンスです。私だけ「ももクロを辞めた理由」にこだわっているのでは? と思い直しています。現状はもう ももクロを辞めた人です。そう突き放せば 心の整理がつきます。
杏果は自分の好きなときに好きなように行動すればいいだろうし、新生ももクロは 杏果のいない穴を埋めながら 今までの曲に新しい振り付けをつけて 新しい曲に生まれ変わらせる。どちらもウィンウィンの考え方です。


あの時 杏果が辞める決断をしないで ももクロにいたとしても 結果的にどちらも辛かっただろうし ハッキリ言って そんな ももクロは見たくないです。


今のSNSの現状は その二つの小さな考えの違いから混乱しているのだと思います。 私も発信している手前 ひとつの原因だと反省しています。どちらも ももクロを思っての発露だとは思いますが…。私は もうモノノフ同士の争いは見たくありません。あの嫌な思いをした「5TH DIMENSION」発売からの混乱を思い出します。【HP参照】