mickyabc’s blog

有安杏果の卒業発言以来 疑心暗鬼になっているモノノフさん。 杏果の卒業と共に他界を考えている杏果推しさん。不仲説を信じているモノノフさん。 そんな方に是非読んで貰いたいと書きました。ももクロを他界する前に是非読んでください。よろしくお願いします。

有安杏果『普通の女の子に戻りたい』の真実

f:id:mickymagicabc:20180127133058j:plain
今 もの凄く反響のあるブログがあります。正直過激です。題名は『有安杏果さん 貴女を嫌いになりました』
http://hisayonara.hatenablog.com/
hisayonaraさんのブログです。1月16日に書かれたようです。
ひとりふんどしでの清々しい杏果の笑顔に対して他の四人は辛い顔。杏果が『普通の女の子になりたい』『ネイル……アロマ検定』と言うのを聞く四人を描写しています。そこで『ふざけるな。後ろの四人は普通の女の子じゃないのか?』と切り込んでいます。 hisayonaraさんは『ボイン会』からの古参女子ノフさん。夏菜子推しとのことです……。もし 気になる方 読んでみてください。私より長文ですが〰‼👅『有安杏果さん 貴女を嫌いになりました』で検索すると出てきます。
--------------------
……文面はいかにも有安杏果を過激に批判してますが よく読むとももクロ愛に溢れています。こんな見方もあるんだなって関心もしました。このblogは 杏果がももクロを卒業する理由を『杏果のワガママ』ととらえているようです。

彼女の言う言葉は あくまでも憶測と空想です。

彼女は『有安杏果は もはやアイドルとファンに向き合えることは出来なかった』と言います。 それは『chan』で映る楽屋裏の杏果は 四人から離れてひとりでいるシーンが見受けられるからと言います。実は私も引っ掛かる点はここでした。また、杏果に対しメンバーやスタッフが気を遣っているのが分かると言います。でも……それは その起点になることがありました。話は『2012年』まで遡ります。『ももクロ 夏のバカ騒ぎ Summer Dive 2012 Tour』でのこと。
一部ファンでは常識となっている『米子の夜』です。
f:id:mickymagicabc:20180127133719j:plain
その年の6月30日 米子大会の終演後 メンバー達が本音をぶつけ合った話し合いをしました。杏果は他のメンバーから『もっと私たちの輪の中に入ってきてほしい』と指摘されました。この時点で既に杏果は四人との微妙な壁があったのです。……この話は『QuickJapanのvol.116』の有安杏果のインタビューに詳しく書かれています。筆者の小島和宏さんがインタビュー内容の確認で説明しにいったとき インタビューに立ち会っていなかった川上さんが『ホントに全部 しゃべったのか?』と困惑し たまたま近くにいたあーりんも『えっ 全部話した?』と驚いたそうです。……それは 杏果自身が『ももクロ…/…四対一』の触れてはいけないタブーを自らの口でブチ破った瞬間でした。杏果はメンバー四人から浮いていると自覚していました。それは楽屋裏カメラに映ってファンも薄々 気づいていました。

……『米子の夜』を話した杏果はファンに知らせたかったのだろう。心配している人たちに向けて『もう大丈夫。なにも心配いらないから』 ……と小島さんは結んでいます。

原因はやはり『性格の違い』です。『米子の夜』以前の杏果は 四人がワチャワチャしてると『私も行かないと』と気を遣っていたと告白しています。『別に仲が悪くて こうなったわけではないって思うし、ホントは『なに?なに?』って入っていきたいのに 気を遣いすぎて 入れなかったたりしたんですよ』『でも 毎日一緒だし あのまま気を遣っていたら しんどかっただろうな』と 『米子の夜』以降の杏果は『ホントにお互い遠慮がなくこれ言っちゃダメだろうみたいなことがなくなった』『変な意識がなくなった』と言っています。
f:id:mickymagicabc:20180127134059j:plain
--------------------
実は古屋マネージャーが口を滑らし発覚した事があります。それは『米子の夜』以前にもありました。みんなでレッスンをしているときに『もう辞める‼ 私なんか ももクロにいても意味がないと思う』と大泣きしたことがあるそうです。杏果は『元々 後で入ってきたから 私って いても意味がない。ももクロは四人だから…私 端っこだし 歌のパートもそんなにないし…って そんな気持ちがあったから 何回か『辞めたい』って大泣きしました。辛いことの波がくるたびに……ホント子供でした』と笑いながら答えていました。
--------------------
f:id:mickymagicabc:20180127133803j:plain

『普通の女の子になりたい』発言の真実。

2020年 東京オリンピックが決まったとき ももクロは『GOUNN』のPVの撮影現場にいました。みんなで『そのとき ももクロはなにをしているんだろう』って盛り上がっていたのに 杏果は『私 まだやっているのかな』とボソッと言ったそうです。

杏果に精神鑑定をさせた企画があります。『一番不安なのは』という項目に杏果は『未来』と書きました。
『私は 全てにおいて準備したいんです。なんか 不安なんですよね 準備してないと それは仕事でも……小さい頃からお芝居の台本を 当日その場で渡されるのがすごく怖かった。前日に台本を貰って 家で練習していれば ホント安心できる。だからね 私 即興がすごく怖いし 苦手なんですよ』と杏果は言います。

『永遠のトリニティの初披露のときはチャンスだと思いました。やっと自分のやりたかったことができると…続

QuickJapan 116 QuickJapanももいろクローバーZ特集 参照。

2018年1月19日 Instagramで公開
2018年1月27日 更新